Pianist

衝撃のブーニンをもう一度聴こう

1966年生まれのロシアの19歳の青年スタニスラフ・ブーニンが第11回ショパン国際コンクールで優勝。
メリハリのある高度な技巧に裏打ちされた演奏は、クラシック・ファンにとどまらない圧倒的支持をうけ、「ブーニン・フィーバー」が起こる。ショパン・イヤーにもう一度、この鮮烈なデビューを聴きなおしてみよう。

おすすめのアルバムは、もちろん、

衝撃のショパン・コンクール・ライヴ 2

その時の映像を載せたブーニン紹介ページ
も用意しました。.