Pianist

パリのロマン派ピアニスト サンソン・フランソワ

1924年生まれ、1940年パリ音楽院を主席卒業。1943年第1回ロン=ティボー国際ピアノコンクール優勝。ショパン、ドビッシー、ラベルとお酒をこよなく愛したパリジャン、サンソン・フランソワは、47歳の若さで1970年パリに死す。戦後の洒脱なフランスを代表するような独特な演奏スタイルは、今もなお、多くのファンを引き付けてやまない。

おすすめは、別れの曲(ショパンピアノ名曲集)
つい何度も聴いてしまう1959~1970 のフランソワの名演奏を集めた名盤。.